正しい髪の毛のケアを知ろう

自然乾燥はしない

頭皮を傷つけないため

爪を立てると、頭皮が傷つきます。
そして傷の中に汚れが入り込み、髪の毛が育つことに邪魔をします。
髪の毛まで栄養が行き渡らず、美髪になるどころか髪の毛が切れたり抜けたりする原因になるので、シャンプーでは指の腹を使いましょう。
それなら頭皮を傷つける心配はありませんし、揉むように洗うと頭皮をマッサージできます。

頭皮をマッサージし、血行を良くしてください。
それが、美髪を育てることに繋がります。
洗い流す時も予洗いと同じで、ぬるま湯を使いましょう。
シャンプーが残らないよう丁寧に洗い流し、終わったらトリートメントで髪の毛を保湿してください。
トリートメントは洗い流すものと洗い流さないものがありますが、どちらでも構いません。

熱風を当てすぎない

お風呂から上がって最初にすることは、ドライヤーで髪の毛を乾かすことです。
髪の毛が濡れているとキューティクルを閉じることができず、どんどん乾燥していくので気を付けてください。
まずはタオルで、ある程度の水気を拭き取ってください。
それからドライヤーで風を当てますが、熱風を至近距離で、長時間当てることは頭皮や髪の毛に良くありません。

ですから距離を離すか、タオルを被ったまま熱風を当ててください。
後者の方法だとタオルが頭皮や髪の毛を守ってくれるので、ダメージを削減できます。
毛先よりも、頭皮を乾かすことを意識しましょう。
そして全体が乾いたら、最後に冷風を当てて髪の毛を引き締めます。
これで、髪の毛のケアが終了です。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ